投資助言業・資産残高連動型手数料の投資顧問(RIA)なら「おカネ学株式会社」ファイナンシャル・プランニング、遺言作成サポート、金融経済教育・研修・セミナーもお任せ下さい

コラム・おカネ学/お知らせ

おカネ学株式会社の お知らせ情報

お知らせ | 

FRB (連邦準備理事会)が 13億ドルのETF購入指示、その中身とは?

<FEDが5/12-5/19にETF購入>
FEDが債券ETF合計 $1,307billionの購入を発表しました。

購入の最大額ETFは、投資適格社債ETFである
LQD( iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF)で、
FEDは5/12-19に金額にしてUSD 326,282,386.96
(5/19時点の時価)を購入しました。

 

<日経CNBC 4/23の番組で解説>
~ 情報提供を目的としたもので、特定の金融商品を勧めるものではありません ~

 

このFEDが5月に購入したLQDを、日経CNBCの4/23の放送で
RIA JAPAN 代表の安東隆司が採り上げています。
コーナータイトル
「セールスを信じたらどうなった?これから投資商品を選ぶ基礎知識」

 

(特徴解説)
・流動性・透明性が高い
・「投資適格級」の債券に投資可能
・分配金を出しても基準価額が減らない
・ドルベース1年リターン +13.48%(4/17時点)
・しかも信託報酬が0.15%とケタ違いに安い
ことなどを解説しています。

(日本で残高上位5位の投資信託で、3本は1.7%以上の信託報酬でコスト高でした)

4/23タイトルは、「セールスを信じたらどうなった?これから投資商品を選ぶ基礎知識」

最初の90秒の無料視聴が 今なら可能です。
セールスを信じたらどうなった?これから投資商品を選ぶ基礎知識

 

また、本件に関して弊社への取材申し込みをご希望の方は、
下記よりご連絡ください。

お問合せフォーム