投資助言業・資産残高連動型手数料の投資顧問(RIA)なら「おカネ学株式会社」ファイナンシャル・プランニング、遺言作成サポート、金融経済教育・研修・セミナーもお任せ下さい

コラム・おカネ学/お知らせ

おカネ学株式会社の お知らせ情報

お知らせ | 

東京証券取引所 東証マネ部!から取材記事公開 「RIA(投資助言業)のメリットとは」

RIA JAPAN おカネ学株式会社(東京 中央、代表 安東隆司 投資助言業)は東京証券取引所から取材受けました。東証マネ部!にて公開中です。

 

東証マネ部!記事 世界の新たな潮流、RIAについてインタビュー

資産運用について相談したい時、日本では金融機関の担当者や、FP、IFAなど様々な選択肢があります。

こうした選択肢の中にRIAと呼ばれる存在があります。海外では拡大が進み、アメリカではRIAの人数が6万6千人*を超えていると言われています。
(注)「独立系フィナンシャルアドバイザー(IFA)に関する調査研究」金融庁 2019年7月 RIA登録者合計数はRIA JAPAN算出

 

このRIAについて東証マネ部!からRIA JAPANが取材を受け、記事が公開されました。

『アメリカでは6万人以上が登録 「対価をもらうからこそ、顧客の立場でアドバイスができる」。RIA(投資助言業)のメリットとIFAとの違いとは』

写真 インタビューを受けるRIA JAPAN代表 安東隆司

 

 

 

記事内容

記事内では以下のような内容を採り上げています。

・RIAとIFAの違い フィーの出どころに大きな違い

・顧客とWIN-WINの関係になる、フィーベース型ビジネス

・世界中でヒット商品のETFは「販売者」側のメリットが少ない

・世界中で資産運用の伴走者の「販売者から脱却」が進んでいる

・全てのRIAが顧客本位とは限らない 誇大広告やグレー事業展開な事業者も

・RIAと取引した場合、取引の流れは?

・RIAと地銀連携は?

 

 

金融商品販売しないアドバイス専業のRIAなら、ハイレベルな顧客本位を実現できる RIA JAPAN

近年、金融庁では金融機関に対し「顧客本位の業務運営」を呼び掛けています。

しかし、実際には問題ある事例が未だに存在しています。 実際にはかかる費用を除いたデータを使用して実際より有利と誤認させたり、顧客はリスクが低い商品を希望したが、複雑な仕組み債などを導入させられたというような事例です。販売者では、顧客との利益相反は避けられません。高い収益を勤務先にもたらすことが優先され、時に顧客の投資の成果は後回しにされてしまっています。

「お客様のためになるかを第一に考え、会社や自分のノルマのためにお客様を犠牲にすることをしないというビジネス」 これがRIA JAPANが行う、フィーベース型RIAです。

金融商品の販売者でなく、顧客の立場で最も有利だと考えられる商品を助言する。

アドバイザー専業だからこそ、ハイレベルな顧客本位の業務運営を実現できるのです。