投資助言業・資産残高連動型手数料の投資顧問(RIA)なら「おカネ学株式会社」ファイナンシャル・プランニング、遺言作成サポート、金融経済教育・研修・セミナーもお任せ下さい

コラム・おカネ学/お知らせ

おカネ学株式会社の お知らせ情報

お知らせ | 

週刊新潮・デイリー新潮にコメントが掲載されました。Yahoo!ニュースにもピックアップ掲載

弊社代表安東隆司がトルコ通貨建て債記事について週刊新潮より電話取材を受け、2019年7月4日号に掲載されました。

また、2019/7/9配信のYahooニュースで、週刊新潮7/4号の当社代表コメントが配信されました。

 

掲載内容詳細(週刊新潮)

掲載ページ:124-125ページ

該当記事:「数字にビックリ年利20%超トルコ通貨建て債」

以下弊社代表コメント部分です。

「証券会社にもよりますが、円からトルコ・リラに替える際の手数料は一般的にかなり高い。
片道の手数料だけで9%近く取られることがあります。償還時に円に戻すと、往復で18%です。
20%といっても、為替手数料を差し引くと決して高利回りとはいえません。」

 

掲載内容(デイリー新潮)

7月4日配信のデイリー新潮でも上記記事の閲覧が可能です。

下記リンクより閲覧が可能です(新しいタブで開きます)

(デイリー新潮版)トルコ通貨建て債券「年利20%超」でも安易に手を出してはいけない理由

 

Yahoo!ニュースにピックアップ!

上記記事が7月9日にYahoo!ニュースにピックアップされました!

(Yahoo!ニュース版)トルコ通貨建て債券「年利20%超」でも安易に手を出してはいけない理由

 

詳細解説過去記事(ZUUオンライン)

また、過去にトルコリラについてZUU Onlineに寄稿しております。

詳しくは下記リンクより閲覧が可能です。(新しいタブで開きます)

利率18%のトルコ・リラ債券なら負けない?「隠れたコスト」に要注意