投資助言業・資産残高連動型手数料の投資顧問(RIA)なら「おカネ学株式会社」ファイナンシャル・プランニング、遺言作成サポート、金融経済教育・研修・セミナーもお任せ下さい

投資顧問(RIA)なら「おカネ学株式会社」

コラム・おカネ学/お知らせ

おカネ学株式会社の お知らせ情報

Q&A | 

投資助言サービスの他の金融機関との違いは何ですか?(2)

Q  投資助言サービスの他の金融機関との違いは何ですか?(2)

A  金融機関で実際に見受けられるFDが徹底されていない事例と、

RIA(投資助言業者)の提供する投資助言サービスの違いを説明いたします

 

 

事例2、金融機関B :商品乗り換え提案による委託手数料(営業員のメリット)

投資信託の例で、委託手数料として考えられるものが

「信託報酬」と「販売時の手数料」です

投資家が現在投資している『H投信をR投信に乗換えましょう』

といった提案には注意が必要です

乗り換える事によって再度「販売時の手数料」が得られるからです

 

投資助言サービス :委託手数料を受け取りません

商品提供者からの「委託手数料」は受取りません

投資助言業者にとりまして、投資家の運用成績を悪化させる「高い手数料」目的の

乗り換え商品選択にはメリットがなく、行いません